Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本茶と常滑急須の楽しみ方
今日は、わらく会の日本茶セミナーでした。

日本茶インストラクターの小濱綾子先生に、日本茶と急須のお話、美味しいお茶の淹れ方、産地、製法など、日本茶にまつわる
初めてのお話をいろいろ勉強しました。
今まで自分で飲んでいたお茶ってなんだったんだと思うくらい、選び方や淹れ方で味が違うということを再認識。
なかなか奥深い世界です。


常滑急須のいろいろ、私が知っている朱泥のもの以外にも今はモダンでおしゃれなものもたくさんあるようです。

      
お着物で参加して下さった方もいて、いい雰囲気です。
まずは、ウェルカムドリンクとして、水出しの日本茶をワイングラスでサーブしていただきました。
これだけでおしゃれだし、おいしかったです。今、ペットボトルのお茶もずいぶん研究されておいしくなったとはいえ、やはり全然違います。



次は、自分たちで好きな急須を使って新茶を入れてみました。お湯の温度、蒸らしの時間などお茶の種類によっても微妙に違いがあるようです。私の場合、自分の今までの淹れ方は茶葉の量が少なかったことと、基本的にもう少し良いランクのお茶を買わなければダメということを痛感しました・・・


次は玉露の「しぼり出し」という淹れ方を体験。先生はお茶を入れる所作も美しくて素敵です。
専用の急須で、温度は煎茶よりさらに低め、本当にお茶の凝縮されたエキスをギュッとしぼり出した感じです。

これぐらいの量です。もうお茶というよりお出汁のよう。うまみがすごいです。今回一番感じたのはお茶はちゃんと淹れると、渋み苦味がなく、うまみと深みが出るということ。


そして、いい茶葉であれば茶殻まで食べれるということ。お醤油と鰹節をかけて、お浸しのように楽しむこともできるのです。
もともと、コーヒーより紅茶より日本茶が一番好きな私ですが、これからますます日本茶のファンになりそうです。
仕事で京都に行ったとき、出していただいたお茶がすごく美味しかったのを思い出しました。ちゃんと淹れたお茶は誰が飲んでも違いがわかります。私も、心を込めて美味しいお茶を淹れられるようにしたいと思ます。

綾子先生、場所をお借りしたインテリアエッセンスの川端さん、ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 
posted by: ARTE DIVA | わらく会 | 19:55 | comments(0) | - | - | - |